リサイクルトナーの概略

リサイクルトナーの説明をする前に「そもそもトナーってなに?」と思っている人もいるのではないでしょうか。
トナーはトウナともいい、レーザープリンター・複写機で使う粉状インクのことです。
紙に印字・印刷するにはこのトナーは必須です。
コピーをよく仕事などで取る人は経験したことがあるかもしれませんが、インクがなくなるとトナー切れと表示されます。

話をリサイクルトナーのことに戻しますが、これは名称のとおり再利用可能な状態にしたトナーのことをいいます。
事業者が顧客などから使用済みトナーを引き取り、分解後に洗浄、修理・部品の交換が行なわれたあと、メーカー純正の製品と一緒の量の新しいトナーが充填されて販売されます。
リサイクルされているということで環境にやさしい「エコ」な製品です。

環境への意識が高い個人や企業に導入されているだけでなく、ほかのリサイクルトナーの特徴に魅力を感じた個人・企業にも導入されており、リサイクル品の市場シェアは年々高まりをみせており、官公庁でもリサイクルトナーは取り入れられています。
また、リサイクルトナーの販売を行なっている事業者も以前に比べ増加しています。

リサイクルトナーの大まかな特徴は以上ですが、当サイトではこのページで取り上げなかったリサイクルトナーのメリット・デメリット、また購入方法や購入場所の選定方法まで解説します。
はじめてリサイクルトナーを購入する人、リサイクルトナーに興味がある人はぜひご一読ください。



〔管理人推奨外部リンク〕
送料無料で最大90%の値引きがあるトナーカートリッジの専門店です ⇒⇒⇒ トナーカートリッジ